アスフレphotoアルバム

Home » ゲームズ » 6/8 ちょいバリゲームズ 負けられない戦い~ザ・下克上~

6/8 ちょいバリゲームズ 負けられない戦い~ザ・下克上~

2014年07月03日 category : ゲームズ 

6/8(日)ヤマトフォーラムで第2回ちょいバリゲームズが開催されました。
 
いつものわいわいゲームズとは違い、ライセンスのある審判による正式ルールで行われる、「勝つこと」にこだわる男達のゲームズ……それが『ちょいバリゲームズ 』です。
 
今回は大学の先輩・後輩対決~ザ・下克上~ということで「チーム師門」と「チームまさ」で対決しました。
そうです、師門選手とまさ選手はどちらもあの東海大学で副キャプテンをつとめていたんです!
 
2012年関東大学リーグプログラム選手紹介では、
師門選手(当時4年)「予測不可能な独特のプレーでディフェンスを翻弄しあざわらうかのように得点する」
まさ選手(当時3年)「チームを最優先に考え安定感のある堅実なプレーでチームから絶大な信頼を得る」
とあり、学生のときから各々の個性が光る副キャプテンだったことがうかがえます。
  
十分なアップの後、いよいよ試合開始!
  

1Q、最初の4分間はどちらもシュートが決まらず、まったく点が入らない時間が過ぎていきます。ナイスディフェンスが続くなか、チーム師門がミドルシュートで初得点を奪います。これでチームまさも負けじと3ポイントを決め、両チーム少しずつチームとしての動きがよくなり始めます。チーム師門はゴール下のファールがかさみ、フリースローを確実に決めたチームまさが1Qを9対15で終えました。
 
2Qも1Qの流れが続き、チームまさの3ポイントが決まります。ここで離されてはならない!と、チーム師門はリーダー・師門が登場し、ドライブからのシュートやリバウンドシュートを決め、なんとか27対36の9点差で2Qを終えました。
 
3Qでは両チームともディフェンスが厳しくなりますが、そのなかで素早いパス回しからのミドルシュートやゴール下シュートが決まり、点をとったら取り返すという白熱した展開となりましたが、9点差をなかなか埋められないまま40対49で3Qを終了しました。
チーム師門は逆転を狙うため、師門選手を中心にフォーメーションの確認をし、一方追いかけられるチームまさは、まさ選手を中心に声を出しあい気合を入れ、4Qが始まりました。
 
4Qは両チームの「勝ち」に対する思いがぶつかり合う、まさに『ちょいバリ』な展開に!
特にチーム師門はシュートをねじ込みバスケットカウントをもらいフリースローを決めて3点プレーなどで勢いに乗ります。エンドラインからのフォーメーションも成功し、なんと58対58で延長戦となりました!
  
延長戦は5分間で行われ、追いつかれたチームまさも負けられないと、リーダー・まさが攻めます!くらいつくリーダー・師門!まさに先輩・後輩対決!!
 
63対63でなんと2回目の延長戦へ。
 
1、2Qでリードしていた余裕からか、チームまさのメンバーは最後までよく走りシュートが決まり、76対81でチームまさが激闘を制し、下克上を果たしました!
  
『ちょいバリゲームズ』はリーダーをつとめる選手達の迫力あるプレーを同じコートで体感したり間近で観る事ができる絶好のチャンスです!エントリーできなくても観るだけでも手に汗握る、ちょいバリゲームズ!!
 
皆様、次回の開催も、ぜひご期待下さいね!
 

【レポート:みなっち  カメラ:くみ・きみ・ビーノ・かじ】


Copyright(c) 2014 アースフレンズ東京 All Rights Reserved.