アスフレphotoアルバム

Home » スクール » スクールキャンプ2013

スクールキャンプ2013

2013年09月13日 category : スクール 

今年もこの季節がやってまいりました。
スクールサマーキャンプの季節です。
 
今年は、8月31日~9月1日の1泊2日。
スクール生、コーチ、スタッフ総勢80名弱が参加しました。
 
一行はまず、品川駅に集合です。早朝にもかかわらず、みんなテンションが高い!
前夜は興奮して眠れなかった人もいたのでは??
そして、今年は大型バス2台にわかれて出発です。
座席はくじ引きで完全にランダムに決めました。はじめましての人もいるので少し緊張気味の出発か
と思いきや、やっぱりみんなテンションが高い!!
 
恒例のバスレクですが、まずは自己紹介&他己紹介です。
この、他己紹介というのがポイントで、隣の人の紹介を他の席の人にすることで
あっという間に打ち解けるし、理解が深まるんですよね。一気にバスの中が和やかなムードになりました。
 
他にも、iPadを駆使して2台のバスで対抗クイズなどが行われ、片道4時間弱の道のりも
あっという間に過ぎて初日の体育館に到着します。
そこでスクール生を待っていたのは、スクールテストでした。
バスケットボールの基礎的な知識をという問題から、アスフレ愛を問う問題、マニアックな問題などに
今年もスクール生は頭を悩ませていました。。。
 
テストを終えると、いよいよ体育館にてバスケの時間です。
初日の体育館は、小諸市総合体育館でした。
今回のキャンプでは、5人のコーチから5つのメニューを教わる形でした。
・ディフェンス(コーチJ)
・ドリブル(ゆーきコーチ)
・ポストプレー(しもんコーチ)
・あわせ(けんたコーチ)
・トレーニング(福地コーチ)
 
あえて注目のコーチを挙げるとすれば、今回がアスフレのコーチデビューとなった福地コーチではないでしょうか。
仙台大学バスケ部で活躍した後、都内のスポーツクラブでパーソナルトレーナーを務めている福地コーチ、
さすがの教えっぷりはデビューとは思えませんでした。
福地コーチは近々、わいわい練習会等でもコーチをする予定ですのでお楽しみに。
 
初日は、5つのメニューのうち3つをこなします。
それぞれが70分で休憩が10分。いやー、みんなタフですね。普段の倍近い練習量を初日だけでこなすんですから。
普段のスクールは期ごとに分かれての練習ですが、今日はごちゃ混ぜです。
それでもバスレクで仲良くなった参加者は、練習を通してアースフレンズがひとつのチームということを実感していました。
 
練習が終了して、一行は今回の宿であるホテルタガワに向かいふたたびバスで出発です。
同じ長野県内なのですが、90分ほど移動時間がかかるため少しあわただしく出発しました。
 
ホテルに到着後、食事と入浴を済ませて21時、いよいよキャンプのもうひとつの楽しみである宴会の時間がやってまいりました。
宴会では、練習前に行われたスクールテストの結果発表などで盛り上がったのですが、
最大の盛り上がりをみせたのはスタッフとコーチによる余興の時間だったと思います。
 
まずは、スタッフチームが懐かしの「なんでだろう」のリズムに乗せてアスフレのなんでだろうを披露。
代表山野によるブラックユーモアの含まれた歌詞と自分を捨てたダンスに場内が大爆笑の渦に(笑)
しかし歌って踊った本人は息が切れてました^^;
 
続いて登場したコーチ陣によるコント「○○レモン」。新たなヒーローがアスフレに誕生したと同時に、
爆笑に包まれた瞬間でした!!
強いぞ「○○レモン」、かっこいいぞ「○○レモン」。そのあまりのヒーローぶりに次の登場を待ち望む声が絶えませんでした。
(○に何が入るかは参加した人に聞いてくださいね)
 
爆笑の余韻が残る中、参加者たちはいろんなメンバーと交流して盛り上がりました。
ここでも、参加者はひとつのチームであることを実感したことでしょう。
 
日付けが変わろうとする頃、宴も終了。
明日に備えて眠る人、部屋で飲みなおす人、朝までトランプに興じる人など思い思いの夜を過ごしました。
 
 
翌朝、朝食を食べてから体育館に移動です。
2日目の体育館はホテル所有の体育館。何とバスケコートが3面も取れるめちゃくちゃ広い体育館です。
ここで、初日の続き、残り2つのメニューをまずは午前中にこなします。
外は雨で、場所も冬はスキー場になるような高地なので涼しいのですが、体育館はスクール生たちの熱気に包まれます。
 
ランチを挟んで、午後のスタートはゲットザボール&ヒットザボールからスタートです。
6チームに分かれ、負けたら罰ゲームありの真剣勝負です。
6チームのうち1チームはコーチ&スタッフチーム。コーチの名誉にかけても負けられなかったのですが
2回ともあえなく敗退。罰ゲームのダッシュを行う羽目にあいました。
それにしても、80名によるダッシュは壮観でしたね。
 
続いては、5対5のゲーム形式で今回学んだことのおさらいをします。
得点をつけるのではなく、いかに今回学んだことをゲームの中で発揮するのかをテーマに行うのですが、
随所に成果が表れたナイスプレーが見られ、成長の手ごたえを感じられた人も多かったのではないでしょうか。
 
最後に、全員で6ヶ所にわかれてのレイアップシュート。
目標の300本を見事にクリアして、気持ちよく全てのメニューが終了しました。
 
ホテルで入浴と着替えを済ませて、バスは東京への帰路につきます。
帰りのバスでは、記憶に新しいバリバリチームと横浜ギガスピリッツの準決勝を放映していたのですが
熱い試合展開に見入る人と、疲れから来る睡魔に勝てなかった人とがいたようです。
 
そして、21時ごろバスは無事に東京駅に到着。2日間にわたるキャンプも終了となりました。
 
今年も盛り上がったアスフレスクールサマーキャンプ。
今回参加した人も参加できなかった人も、次回の参加をお待ちしています!!


Copyright(c) 2013 アースフレンズ東京 All Rights Reserved.