アスフレphotoアルバム

Home » ゲームズ » ミニゲームも開催!チャレンジ精神旺盛で元気を与えてくれる試合に

ミニゲームも開催!チャレンジ精神旺盛で元気を与えてくれる試合に

2013年05月17日 category : ゲームズ 

2013年5月12日(日)、品川区の宮前小学校で、第5回目となる経験者わいわいGAMESが開催されました。

今回のGAMESには、以前にもチームエントリーの経験のあるチーム「ウェッサイ」(10名)、そして個人エントリーが8名の総勢18名のプレイヤーが参加してくれました。また、今回の参加者には家族連れの姿もみられ、暖かく晴れた日曜午後の昼下がり、子供たちとの微笑ましい場面も見られました。

参加人数の関係上、今回は「ウェッサイ」と個人エントリーチーム「チームA」の2チームでのGAMESとなりました。

今回は、バリバリチームの選手たちがゲストとして4人も参加してくれました!
高山師門選手と入戸野良選手は「チームA」に交代で加勢して試合に出場。両選手ともに見事なリバウンドやシュート、パスさばきでチームを支える場面がみられ、参加者と一緒にわいわいゲームを楽しみ、終始笑顔でチームに溶け込んでいました。
また、手の負傷で未だ完全復帰の遂げられていないバリバリチームのクリス・ブラウン選手、黒澤健太選手は、オフィシャル席でGAMESを支えつつ、参加者を見守ってくれました。

ちなみに、会場には他にもバリバリチームの齊藤勇樹選手が応援に来てくれていたという噂も...
この真相は是非とも当日の写真で確かめてみてくださいね!

メインとなる2チームによるゲーム展開は、やはり普段から練習をともにしているチームウェッサイが勢いある展開をみせて試合をリード。なかなか思うように得点できないチームA。しかし、声を掛け合い笑顔でチャレンジを繰り返し、徐々にチーム力が増していったように感じられました。全体的に女子の人数が少なかった今回は、特に男女でマッチアップする場面も多くみられ、明らかにミスマッチな中でも、果敢にドライブを挑みシュートに持っていく女子参加者の姿が印象的でした。また、バリバリチームの選手の参加もあってか、迫力あるブロックやリバウンドも見られました。。

また、今回は計2試合の間に、『スキルチャレンジ』としてチーム対抗でシューティング対決やドリブルスキル対決、ディフェンススキル対決などを行いました!3つのチャレンジの中でも特に印象に残ったのが、『ドリブルサークル鬼ごっこ』or『ドリブル相撲』での男女一騎打ち!じゃんけんで勝ったにもかかわらず、不利と思えるドリブル相撲を果敢に選択した女子参加者!
残念ながら破れてしまいましたが、その意外な選択と、笑顔で挑む姿で会場全体を盛り上げてくれました。

スキルチャレンジは3勝0敗でチームウェッサイの勝利!ゲームは1試合目は14点差、2試合目は10点差と点差が詰まりましたが、総合でもスピードと力強いプレーでチームエントリーの力を見せつけてくれたウェッサイの勝利となりました。
得点王の発表では、男子は1、2、3位とチームウェッサイが占める結果でしたが、女子は1位2位をチームAが占めるという結果に!
終始スピード感、レベルの高さを感じる場面が多くみられた今回の試合でしたが、両チームともに最終的な勝敗に関わらず、チームメンバーとの団結を意識して楽しんでもらえたのではないかなと思います。

チームウェッサイのみなさん、おめでとうございます!
男女ミックスでわいわい楽しくバスケットボールを楽しむ、アースフレンズでのわいわいGAMESを満喫してもらえていたら嬉しいです。
GAMESのみならず、わいわい練習会でもまた違った楽しみが待っていますので、機会があれば是非参加していってくださいね。

そしてチームAのみなさん、おつかれさまでした!
厳しい展開となりましたが、終始笑顔でメンバー同士声を掛け合い、果敢に挑む姿は観ている側にも笑顔と元気を与えてくれました。ありがとうございました。
GAMES当日に出会うチームメンバーとの試合を重ねるごとに高まる団結力の面白さは個人エントリーならではだと思います。今後もいろんな参加者の人達との出会いが待っていますので、楽しみに参加していってください!

【レポート】Kimmy 【写真】Ayu/Kimmy


Copyright(c) 2013 アースフレンズ東京 All Rights Reserved.