アスフレphotoアルバム

Home » イベント » 【レポート】黒田電気のスコアラー

【レポート】黒田電気のスコアラー

2013年02月26日 category : イベント 

2013年2月23日(日)、アースフレンズ東京は黒田電気ブリットスピリッツ観戦ツアーを開催しました。

気温は低い中でしたが、天気は快晴で気持ちの良い光が差し込む大田区総合体育館に、黒田電気ブリットスピリッツの勝利を願うアスフレ応援団が集結しました。
 
 
今回の相手は、アスフレ浜松の応援するアイシンAWアレイオンズ安城。
アスフレとアイシンAWの関係を築いてくれた#55熊澤選手も、ウォーミングアップをしながらアスフレ応援団に手を振ってくれました。
しかし、「どっちの応援に来たのー?」との呼びかけに、応援団みんなが迷わず黒田電気の方を指差すと、「あちゃー」と手で顔を覆いながらうなだれて行ってしまいました(笑)

熊澤選手のことはいつも応援してるよ!でも今日は活躍しないでね。
 
 
そんなやり取りをしている間に、試合はスタート。

序盤から格上のアイシンAWのアグレッシブなプレイにファウル連発の黒田電気。

特に、得点源のキャプテン#9小野寺選手が早々に2つのファウルでベンチに下がります。
早くもピンチの黒田電気でしたが、#7吉留選手が連続でシュートを沈め、3点ビハインドで第1ピリオド終了。
 
 
さて、この日の観戦ツアーはただ選手を応援して終わりではありません。
この日黒田電気の選手の中で得点を多くあげる2選手を予想する、『黒田電気スコアラーズ1・2フィニッシュ』企画が行われていました。
第1クォーターの各選手の活躍を見て、試合を通してのトップスコアラーを予想するのですが、大本命の小野寺選手のファウルトラブルや、伏兵吉留選手の活躍により、予想の難しい展開に。

第2クォーターが始まるまでの間に、投票用紙に選手の名前を書いて投票を行い、あとは活躍する選手の活躍を祈って応援するばかり、、、と思いきや、第2クォーターにそれまで試合に出ていなかった選手が登場すると、「◯◯選手の事忘れてたぁー!」と早くも後悔の声が(笑)
試合は第1クォーターだけを見て分かるものではないということですね。
 
 
試合の方は、黒田電気が苦戦を強いられながらも何とかディフェンスでふんばり、23-29の6点ビハインドで折り返します。
しかし、後半に入ると黒田電気の選手たちに明らかな疲れが見え始め、単発なオフェンスが続き得点が止まってしまいます。さらにアイシンAWのスピードある攻撃を止められず、点差は20点に。最後に意地の連続3ポイントシュートで点差を縮めましたが、50-65で試合終了。
試合を通してヤマ場を作れず、寂しい結果となってしまいました。
アスフレが来ると活躍する男、#96伴選手もこの日は出場機会のないままでした。
 
 
気になるスコアラー1・2フィニッシュですが、終わってみれば#9小野寺選手と#13富田選手の2人のスコアラーが同点の1位で、盤石の結果となりました。
本命の1・2フィニッシュとなりましたが、なんとこの予想をした人は誰もいませんでした。みなさん深読みしすぎたようですね。
結局、投票した2選手の合計得点が最も多かった方に、黒田電気ブリットスピリッツ提供の、ロゴTシャツがプレゼントされました。

 
 
観戦ツアーとしてはここで終了しましたが、その後に行われたJBL 日立サンロッカーズvs三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ戦も観戦。
最後の1プレーまでどちらが勝つか分からない、ドキドキの展開の試合でした。

黒田電気ブリットスピリッツは、今シーズンのプレイオフ出場は逃してしまっていますが、
来期に向けて残りの試合も全力で、一つでも多くの勝利を目指して戦ってくれることでしょう。
 
 
最後になりましたが、3/3(日)、3/8(金)の東芝ブレイブサンダース観戦ツアーも参加お申し込みを受付中です。
今季プレイオフ圏内に位置し、熱い戦いを見せている東芝をみんなで応援しましょう!


Copyright(c) 2013 アースフレンズ東京 All Rights Reserved.