アスフレphotoアルバム

Home » イベント » 12/15黒田電気観戦ツアー&クリパレポート

12/15黒田電気観戦ツアー&クリパレポート

2012年12月18日 category : イベント 

12月15日(土)、アースフレンズと黒田電気の年間最大のコラボイベント、「黒田電気観戦ツアー&クリスマスパーティ」が開催されました。
今年も沢山の方にご参加いただき、ありがとうございました。

試合の会場は、今年完成したばかりの大田区総合体育館。JBL2黒田電気ブリットスピリッツの相手は、昨年のクリスマス観戦ツアーで敗れた、豊田合成スコーピオンズ。
昨年のリベンジマッチです。

今回、このイベントに合わせてアースフレンズが黒田電気との新コラボグッズを用意しました。
その名も、「アスフレ×黒田電気 コラボブランケット」
オモテ面には両チームの名前とロゴマークが入り、ウラ面はふかふかのフリースになっています。
みんなで掲げると、写真のように観客席がブルーに染まりました。

そんなアスフレの応援を受けて、黒田電気が躍動します。
昨年大差で敗れた豊田合成を相手に、一進一退の攻防を繰り広げる黒田電気。


 
 
試合は拮抗したまま終盤へ。
残り10数秒で黒田電気が2点のビハインド。

相手はシュートを打たせまいと激しいプレッシャーを仕掛けてきます。
その隙を狙って、ゴール下でフリーの選手にパスが!

残り時間は2秒。

これが決まれば延長戦突入!

しかし、このパスはフリーの選手の手に納まらずコート外へ。。。

ファウルゲームで最後まで粘る黒田電気でしたが、追いつく事ができないままタイムアップ。

惜しくも昨年のリベンジを果たす事はできませんでした。
 
 
試合後、アスフレ応援団に向かって黒田電気のみなさんが挨拶をしてくれました。

それに対して、アスフレの応援団からは拍手とともに、あるメッセージが掲げられました。
「そろそろ そろそろ 出番だ! 伴!」

この日、出場機会のなかった伴選手に送られたメッセージ。
メッセージに応えて、ジャージを脱ぐ伴選手。

そして3ポイントラインから放たれたシュートは、見事にリングを通過!!
喜ぶアスフレ応援団。
この日、一番の歓声があがった瞬間はこの時だったかもしれません(笑)


 
 
このあと行われた、日立サンロッカーズvsリンク栃木ブレックスの試合も続けて観戦。

日本代表選手らが繰り広げる日本最高峰のプレイに、すっかり見入ってしまいました。
 
 
 
試合観戦の後は、新宿のパーティスペース「nom-3」へ移動してクリスマスパーティが開演
オープニングムービーが流れ、司会のコーチJが登場!

司会の呼び声にまず登場したのは、アスフレバリバリチーム。
若尾キャプテンより、今年の試合結果の報告と、今シーズンのファンの応援へのお礼の言葉をいただきました。

続いて、本日激闘を繰り広げた黒田電気ブリットスピリッツの選手と監督が登場。
副キャプテンの菅谷選手からは、今日の試合を振り返って感想と、今シーズンの残り試合での奮起を宣言されました。

役者が揃ったところで、黒田電気・木村選手の乾杯でパーティスタート!

バリバリ選手、黒田電気選手やファンが楽しく食事をしながら交流するひとときが流れます。


 
 
パーティの途中からは、イベントタイムがスタート。

試合観戦からパーティ会場へ移動中、参加者のみなさんが「菅谷副キャプテンが喜ぶクリスマスプレゼント」をテーマに、チームに分かれてグッズを購入。
それをプレゼンし、菅谷選手が最も気に入るプレゼントを決めてもらうプレゼン大会が行われました。

正当派なプレゼントの紹介から、ジャ◯ネットた◯た風プレゼン、コント形式のプレゼン、カンペ丸見えなプレゼンなど、各チームとも個性溢れるプレゼンが披露され、会場を笑いの渦に引き込みました。
 
 
続いて黒田電気選手からのプレゼント抽選会が行われ、各選手から豪華すぎるプレゼントが当選者にプレゼントされました。


 
 
さらに、このパーティ内でスクール生のアワード表彰が行われ、リーグ戦の得点王、リーグとプレイオフの優勝チーム表彰、さらに各チームの年間MIP・MVP、スクール全体のMIP・MVPが表彰され、記念品が渡されました。

パーティの最後には、アスフレ新グッズのロングTシャツがお披露目されました。
参加者からは欲しいとの声があがりましたが、一番最初に手を上げたのはなんと黒田電気の伴選手でした(笑)
こちらは間もなくサイトでもご紹介、お申し込み受付を開始いたします

また、アースフレンズのわいわい練習会に年間70回の参加を達成した参加者の方に授与される、70回記念のバスパンが初お披露目。
この日パーティに参加していた達成者の方に、早速プレゼント。

最後に、アースフレンズ代表より参加者の皆様への感謝の言葉でパーティは締めくくられました。


Copyright(c) 2012 アースフレンズ東京 All Rights Reserved.