アスフレphotoアルバム

Home » 未分類 » みなさまからの寄付金を東北へ

みなさまからの寄付金を東北へ

2012年05月02日 category : 未分類 

昨年発生した未曾有の大災害に対し、アースフレンズでは、

「Cheer up Japan !! 〜バスケで日本を笑顔に〜」

と題して、2011年5月よりバスケットボールを通して東北に希望を届けるための活動をしてきました。
 
 

1枚ごとに1000円を寄付金としている『CUJチャリティーTシャツ』は、この1年を通して多くの方にご購入・ご着用いただきました。

アスフレ東京では、2012年3月10日〜3月11日の2日間にかけて、チャリティーイベントを実施。
10日は黒田電気の選手とともに試合を通じて東北に元気を発信、試合後は黒田電気選手グッズのチャリティーオークションなどを開催しました。
翌11日は、CUJわいわい練習会として約50名が集まり、チャリティーなども交えながら、東北への想いを胸にバスケットボールを楽しみました。

アスフレ浜松でも、3月10日にCUJわいわい練習会を実施。
寄付金を集めるとともに、着なくなった服や靴などを回収・換金し、寄付金としました。

アースフレンズの活動に共感して下さった皆様、本当にありがとうございます。
 
 
こうして、皆さんの気持ちと一緒になって、アースフレンズへ集められた寄付金。

総額は、

215,135円

となりました。
 
 
アースフレンズでは、みなさまからいただいた寄付金を、ゴールデンウィークを利用して、宮城県名取市の荒川洋平さんのもとへ届けに行きます。

荒川洋平さんは、名取市閖上(ゆりあげ)で生まれ育った方で、震災により自宅、弟、そして母親を失いました。

震災後、閖上復興のために市議会議員となる道を選び、行政面から閖上復興活動を開始。

また、YBC(Yuriage Basketball Club)に所属し、『SMILEバスケットボール』というバスケで東北を笑顔にするための大会開催や、チャリティーシャツの作成を行っています。

荒川洋平さんのブログ「荒川洋平の宮城県名取市ゆりあげ復興ブログ」
 
 
アースフレンズがバスケットボールを通して集めた寄付金を渡す相手として、一番ふさわしい方と判断し、今回の決定となりました。
 
 
 
アスフレ運営メンバーが宮城県へ寄付金を手渡しにいきます。
受け渡しの報告も後日させていただく予定です。


Copyright(c) 2012 アースフレンズ東京 All Rights Reserved.